忍者ブログ
ポップショコラドラムナツコのblog
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>


2017/08/24 (Thu)                  [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/08/11 (Sun)                  bloodthirsty butchersというバンド


私がブッチャーズに出会ったのは2000年。ポップショコラを結成した年だ。
十三ファンダンゴにナンバーガールと2マンで来ていたのを観に行った。

その時ナンバーガールは知っていたけれどブッチャーズについては前評判とか事前知識がまったくない状態で観たので、余計にその時受けた衝撃を良く覚えている。

うまく言い表せないけれど、私の中で確実に何かが変わった瞬間だった事は間違いなかった。

単純だけど、こんな風に音を鳴らしたい、とか。
こんなバンドをやりたい、とか。
そこには強い憧れがあって
ブッチャーズのライブを観る度に、ブッチャーズがいる時代に産まれて良かったとか
ブログにそんな事を書いたりしていたっけ。

数年の後、はじめてライブに招待してもらって楽屋を尋ねた時の緊張は忘れられない。
心斎橋のクアトロだった。
私はきっと、ほとんど挙動不審で何をしゃべってたのかは良く覚えていないけれど
それからも何度かライブにお邪魔させて頂くようになって、浮かれていた。

そして、banging the drumが出たころ、Queの楽屋に遊びに来ていた吉村さんにお願いして、CDにサインをもらい、この写真を撮った。
まだ愛可がいて、ポップショコラはスリーピースで。
嬉しくて、ただ幸せだった。

ファンダンゴ、クアトロ、O-WEST、nest、FEVER、東高円寺二万電圧・・・
いろんなところでブッチャーズを観たけれど
シェルターで観るブッチャーズが一番好きだった。
だいたいいつも1人で観に行って、帰り道には別にお酒を飲んでもいないのにまっすぐ歩くのが大変で、ふらふらしながら歩いてた。
映画kocoronoは、舞台挨拶の日に観に行った。
最近はサポートの愛ちゃんと2人で観に行く事が増えてきて、また愛ちゃんと一緒に観に行きたいなと思っていたりした。






最後に吉村さんを観たのは、吉村さんのソロのライブだった。
その日、1曲だけ急に、mooolsの内野さんが飛び入りでドラムをたたいた。





もっと、ずっと、たくさん聴きにいけると思っていた。
でも、もう二度と観られない。
観られないんだ。
いつまでも哀しかった。
哀しんでてもしかたないと思ったり。
でも無理なものは無理だと思ったり。
実感がわかなかったり。
やっぱり辛くなって泣いたり。
その分、自分は一生懸命生きて頑張って音楽やろうと思ったり。
また辛くなってブッチャーズのCDばかり聴いたり。
新曲のタイトルをブッチャーズの曲名と同じにしたり。

そんなこんなで、今日になった。
人生は予想出来ない。
私だって明日死ぬかもしれない。
でもいつも前見て進んでいくしかないんだ。
だから『ocean』の歌詞を口ずさむ

”生きている 生きて行こう 残された気持ち握り”

























PR
[344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
フリーエリア
Save the 下北沢





プロフィール
HN:
NTO
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(03/06)
(03/07)
(03/08)
(03/08)
(03/10)
アクセス解析

Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo

忍者ブログ [PR]